イベント:「霧島」国立公園指定 80 周年まであと1年イベント

 日時:平成 25 年3 月 20 日(水・祝 )午前から午後にかけて

 ○  午前のイベント
    霧島国立公園指定 80 周年 まであと1年研究等発表会 「新燃岳 噴火 により霧島山 の自然 は変わる」
 
 ■ 日 時:平成 25 年3 月 20 日(水・祝 )9:30 ~12 :00
 ■ 場 所:えびのエコミュー ジアムセンタ会議室
 ■ 内 容:新燃岳噴火を受け霧島地域で調査研究されている、または今後予定している者の研究発表、調査報告、調査予定について共有し、今後の連携方策等について議論する。
 ■ 発 表:森林総合研究所九州支所、鹿児島大学、鹿児島県立埋蔵文化財センター、鹿児島昆虫同好会、鹿児島県立博物館、環境省、…(発表時間:13分、質疑5分、総合討論)
 ■ 司 会:えびの自然保護官事務所 自然保護官 森川政人
 ■ 主 催:環境省九州地方事務所えびの自然保護官事務所
 
○ 午後のイベント
  霧島国立公園指定 80 周年 まであと1年シンポジウム「霧島地域の魅力向上に向けて」-将来を見据えた地域づくり-

 霧島地域は、火山活動により形成された特異な大火山群のもとに、豊かな自然環境や、歴史・文化、周囲の温泉などの魅力的な資源を有した地域です。
 しかし、現在、特に自然資源の保全やその利用について多くの課題を抱えていることから、課題の解決に向けて、これまで以上に関係機関・関係団体等が、現状を共有し、課題の解決に向けた取組を進めていく必要があると考えられます。我が国で初めて国立公園に指定された霧島地域を、どのようにしてみんなで管理運営していけばよいでしょうか。より魅力ある国立公園と地域を目指して、みんなで考えてみませんか。

 第1部 13:10 ~ 14:10 講演:「つながることで国立公園は進化する~参加と協働が果たす役割~」
      則久 雅司 氏(鹿児島県自然保護課長)
 第2部 14:15 ~ 15:30 霧島地域に関する取組の報告
      ① 霧島地域の現状や今後の展望について
      ② 質疑・意見交換

■ 日 時:平成25 年3月20 日(水・祝)
■ 場 所:えびのエコミュージアムセンター
■ 参加無料
■ シンポジウム主催:環境省九州地方環境事務所、えびの市(共催)
■ シンポジウム協力:宮崎森林管理署都城支署、鹿児島森林管理署、宮崎県、鹿児島県、都城市、高原町、えびの市、小林市、霧島市、湧水町、霧島ジオパーク推進連絡協議会、(一財)自然公園財団

***********************************
 注意:イベント(9:30 ~ )、シンポジウム(13:10 ~ ) は、それぞれ申し込みが必要です。申し込み方法については、下記をご覧ください。
***********************************

■事前イベント(9:30 ~ )・シンポジウム(13:10 ~ ) のお申し込み・お問い合わせ
 FAX 又はE-Mail でお申し込みください
 Fax:092-475-7135  E-Mail:kirishima-miryoku@dx.n-koei.co.jp
 日本工営( 株) 福岡支店まで(担当:西川)
 ・FAX でお申し込みの方は、下記にご記入の上A4の用紙でお送り下さい。
 ・E-Mail でお申し込みの方は、下記の内容をご記入の上、メール標題に、 「霧島シンポ参加」としてお申し込みください。
 ・定員は、70 名です( 先着順)。
  ※ 個人情報は、当事前イベント及びシンポジウム以外の目的では、使用致しません。
——————————————————–
 ≪申し込み対象≫   事前イベント  シンポジウム
 ※FAX の方は該当するものに○を付けてください。

 お名前( ふりがな)
 ご住所
 所属団体等
 電話又はE-Mail