イベント:「世界遺産条約採択40周年記念シンポジウム」(環境省)

 環境省は、林野庁と共催で、世界遺産条約採択40周年記念シンポジウム―日本の世界自然遺産の未来―を開催いたします。
1.概要
 今年は世界遺産条約採択40周年に当たることから、その機会に我が国の4つの世界自然遺産地域における登録後の成果と保全管理上の課題、持続可能な利用の取組、地域社会が果たす役割等について各遺産地域の事例を紹介し、今後、必要とされる取組について地域社会との関係を中心に議論するシンポジウムを開催します。
2.主催:
環境省、林野庁
3.日時:
平成24年10月2日(火) 開会14:00-17:00(開場13:30)
4.場所:
南日本新聞社 みなみホール
(鹿児島県鹿児島市与次郎1丁目9-33)
5.プログラム
○ 基調講演「世界遺産と日本 ~自然遺産を考える~」
兵庫県立人と自然の博物館長 岩槻邦男 氏
○ 各世界自然遺産地域の事例報告等
・知床/斜里町教育委員会教育長 村田良介 氏
・白神山地/白神マタギ舎・弘前大学名誉教授 牧田肇 氏
・小笠原諸島/森林総合研究所理事 大河内勇 氏
・屋久島/鹿児島大学客員教授 小野寺浩 氏
・国際自然保護連合/日本委員会会長 吉田正人 氏
○ パネルディスカッション 「世界自然遺産の課題と今後のあり方」
 モデレーター:岩槻邦男 氏
 パネリスト:西村幸夫氏(日本イコモス国内委員会委員長)、各遺産地域事例報告者、環境省、林野庁
6.入場無料、事前登録不要
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=15661