イベント:シンポジウム「奄美群島の生物多様性2-琉球弧の生物多様性の成り立ち」

奄美群島を含む琉球弧の生物多様性は、国際的に見ても特異な存在です。当該地域の生物多様性は、大陸との分離や結合による地史、地球規模の環境変化、黒潮の流れなどを反映して成立していると考えられています。
本シンポジウムでは、各分野で研究をされている専門家にお集まり頂き、琉球弧の生物多様性の成り立ちの謎に迫ります。多くの皆さまの参加をお待ちしています。
日  時:平成24年12月9日(日) 14:00~17:00
場  所:鹿児島大学郡元キャンパス
共通教育棟1号館3階131講義室
http://www.kagoshima-u.ac.jp/about/cen131.pdf
主  催:鹿児島大学(鹿児島環境学研究会・奄美プロジェクト)
参加申込:不要(参加費無料)
プログラム
14:00~14:10 趣旨説明
14:10~14:50 基調講演1「琉球弧の陸生動物相が描く系統地理パタンと固有性
– おもに両生類、爬虫類を例として -」
太田英利(兵庫県立大学自然・環境科学研究所教授)
14:50~15:30 基調講演2「琉球弧の維管束植物相の成立」
横田昌嗣(琉球大学理学部教授)
15:30~15:40(休憩)
15:40~16:20 話題提供1「ハブとカンアオイから見る奄美大島の成立」
服部正策(東大医科学研究所奄美病害動物研究施設准
教授)
16:20~16:40 話題提供2「九州から沖縄の大型脊椎動物化石(中生代から現在まで)」
仲谷英夫(鹿児島大学大学院理工学研究科教授)
16:40~17:00 総合討論
※会場には駐車場はございません。公共交通機関をご利用下さい。
問い合わせ先:鹿児島大学教育センター 岡野隆宏(099-285-3703)

20121209amami