書籍紹介:「馬毛島、宝の島」馬毛島環境問題対策編集委員会編著

馬毛島が米軍普天間基地(沖縄県)の移転候補地の一つとして取りざたされ注目されたことを機に、乱開発が続く馬毛島の動植物や歴史・文化などを広く知ってもらう狙いで、島の入門書ともいえる本が出版されました。
動物生態学・民俗学・法律実務(環境を巡る裁判)などの多方面から、原稿を取り寄せたものです。なお、島にまつわる短歌も掲載し、多角的視点から馬毛島を紹介しております。
「馬毛島、宝の島」–豊かな自然、歴史と乱開発–
馬毛島環境問題対策編集委員会編著
(2010年9月30日発行、南方新社) 定価(税込)1575円
お問合せ先:南方新社 ☎ 099-248-5455 FAX 099-248-5457