イベント:鹿児島県主催「生物多様性シンポジウム」

 【日 時】平成23年1月8日(土) 10:30〜16:40
 【会 場】鹿児島市立かごしま環境未来館2F 多目的ホール(鹿児島市城西2丁目1番5号)
 【プログラム】
10:30〜12:30鹿児島県内活動団体報告:

屋久島生物多様性保全協議会会長 手塚氏
奄美自然学校代表 永江氏
鹿児島昆虫同好会 塚田氏
NPO法人くすの木自然館理事長 立山氏

13:30〜15:40講演・事例報告:
 環境省自然環境局自然環境計画課長 星野氏

(今回のCOP10の中心的交渉実務者の一人。名古屋の会議の意義と成果について話してもらいます。実際の交渉者ならではのお話が聞けるはずです。)

 兵庫県立大学教授 太田氏

(南西諸島の爬虫類・両生類学の第一人者でレッドリスト検討委員。鹿児島〜南西諸島の両生は虫類について、特に島嶼におけるは虫類の分化と進化についてお話をお願いしています。何故、鹿児島がかくも多様性に満ちているか、その理由の一端を解き明かすヒントを提供して頂く予定です。)

 国立科学博物館植物研究部研究主幹 遊川氏

(ランの専門家であり、植物の域外における保全技術等にも詳しく、植物園協会では絶滅危惧植物保全のリーダー的存在。日本の植物相の特徴にも多少触れつつ、絶滅危惧植物の現状と植物園の取組についてお話してもらいます。)

 コメンテーター:鹿児島大学准教授 宮本氏
15:40〜16:40意見交換会:
進行・話題提供:県環境林務部自然保護課長曽宮氏、発表者:講演者など
【参加申込】
氏名、所属、住所、電話番号、FAX番号、E-mail、お弁当希望の有無(450円)、交流会参加希望の有無(17:30開始、有料)を、下記申し込み先の(財)鹿児島県環境技術協会まで。
【お問い合わせ先】鹿児島県環境林務部自然保護課
電 話 099−286−2613 FAX 099−286−5546
E-mail:shizenho@pref.kagoshima/lg/jp
【お問い合わせ・申し込み先】
財団法人 鹿児島県環境技術協会・鹿児島県地球温暖化防止活動推進センター
〒891−0132 鹿児島市七ツ島1丁目1番地5 (休日:土・日・祝)
TEL 099-284-6013 FAX 099-284-6257
E-MAIL:co2@kagoshima-env.or.jp