書籍紹介:九州発 食べる地魚図鑑

 会員の大富潤様から書籍出版の案内をいただきましたので,ご紹介いたします。
 このたび,表記の書籍「九州発 食べる地魚図鑑」が出版されました。鹿児島を中心に,九州近海で獲られる魚類,エビ・カニ類,貝類,イカ・タコ類,ウニ類,海藻類など,約550種の魚介類を,料理やその味とともに平易な文章で解説したものです。また,魚介類の簡単なさばき方や80品目の料理のレシピも掲載しております。企画から出版まで3年間もかかってしまいました。よく知られた魚から未利用資源まで,入手の容易度と味のランクもつけました。
大富 潤著 A5版 255ページ
 南方新社 
 定価(税込み3990円)
内容(目次より)
第1部 地魚をおいしく食べる
 1.魚料理の基本
 2.地魚料理の簡単レシピ
 3.地魚料理のとっておきレシピ
第2部 食べる地魚図鑑
 1.魚のなかま
 2.エビ・カニのなかま
 3.貝・イカ・タコのなかま
 4.ウニ,クラゲのなかま
 5.海藻のなかま
付録 九州の伝統漁法